クリエイトをキーワードとする弁護士齋藤理央
自らもクリエイト活動を行うなど、クリエイトをキーワードに、著作権・知的財産権・コンテンツ争訟・ウェブデジタル紛争などクリエイトと関連性の強い法分野を重視する弁護士です。
I2練馬斉藤法律事務所の「IC法務」実績
著作権・知的財産権・ウェブデジタル争訟、コンテンツ争訟などをIC法務と位置づけ重視し、知的財産専門裁判所での訟務活動をはじめ交渉、相談業務など幅広く実績があります。
研鑽と発信
各種研究会に参加するなどし、最新の情報をアップデートすると共に、各種メディア、オウンドコンテンツで、積極的に情報発信をしています。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、[著作権]、[知的財産権]、[コンテンツ争訟]、[インターネット・ウェブデジタル紛争]、[広告法務]などの法領域を[IC法務分野]と設定し、重点分野に設定しています。実際にも重要判例事案を担当するなど、IC法務分野で実績を有します。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央は[クリエイト]をキーワードとする弁護士です。

IC法務特設サイトでは、業務案内をはじめとして、重点業務分野であるIC法務(著作権法、知的財産権法、ウェブIT法務、コンテンツ保護、広告法など)に関するコンテンツと法の話題クリエイト過程と法に関するコンテンツなども発信しています。

i2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、[iC法務]分野において、各種研究会学会に所属し重点法分野の知識をアップデートしています。

IC法務の特徴

著作権・知的財産権・IT法務などクリエイト・コンテンツと法律の問題を重視しています。弊所では実績、研鑽、創作の三位一体でのレベルアップを志向している点に特徴があります。

OFFICE&ACCESS

OFFICE&ACCESS

I2練馬斉藤法律事務所は西武線・都営大江戸線練馬駅徒歩1分に立地します