リーガル・グラフィック

弁護士がつくる法律情報のインフォグラフィック

リーガルグラフィックとは、弁護士が描く法律情報のインフォグラフィック(視覚情報伝達手段)です。

難解な法的情報を視覚(グラフィック)化することで、情報の伝達を迅速・確実にすることを志向します。

法律と視覚表現

I2練馬斉藤法律事務所は、法律と視覚表現を融合するリーガル・インフォ・グラフィックス、リーガル・グラフィックスを重視しています。リーガルグラフィックスは、法律家にとって欠かせない情報伝達に言語表現のみならず、視覚表現を組み合わせるものです。

リーガルグラフィックと相性の良い法律事務業務領域

訴訟業務

訴訟は、書面の作成、書証の準備など「つくる」ことが必要な業務領域です。このような観点から、訴訟業務分野は、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京と相性の良い業務分野ということが出来ます。

セミナー勉強会など

視界表現を通した情報伝達を志向することから、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京とセミナーや勉強会など法律情報の伝達業務は相性が良い分野となります。

コンテンツ制作

リーガル系のコンテンツ制作は、まさに、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京と親和的な業務領域となります。

リーガルグラフィックと相性の良い法律分野

知的財産権(出願・知財争訟)

IT・ウェブデジタル紛争

交通事故・各種事故など損害賠償争訟

刑事弁護(訟廷弁護)

リーガルグラフィックと法律事務の関係

I2練馬斉藤法律事務所では、著作権をはじめとする知的財産権案件、IT・ウェブデジタル領域紛争、交通事故などの損害賠償争訟、刑事事件その他一般民事家事など一般的な各種法律事務事件を受任しています。また、これとは別にリーガルグラフィックスと銘打った法律情報の言語表現のみならず視覚表現も融合した情報伝達を志向しています。

各種法律事務における事案処理の過程において、必要な場合リーガルグラフィックスを使用する場合がある他、リーガルグラフィックスを利用しない一般的な事件の受任、リーガルグラフィックスだけの受任、それぞれ、ご相談ください。

このように、I2練馬斉藤法律事務所では、①重点分野であるI2法務を筆頭に一般法律事務分野においてリーガルグラフィックスを利用しない一般的な事件の受任に加えて、②⑴I2法務分野+リーガルグラフィック、②⑵一般法律事務+リーガルグラフィック及び③リーガルグラフィックのみのご相談が可能です。