取扱業務

取り扱い業務概要

クリエイトする弁護士齋藤理央の法律事務所、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京における取り扱い業務の概要を記載します。

著作権案件については、知的財産権専門部での著作権関連訴訟(権利者側の権利侵害訴訟、侵害者側の権利侵害訴訟、発信者情報開示訴訟、同仮処分などすべて複数取り扱い経験あり)、権利侵害に関する任意交渉、著作権買取に関する任意交渉、著作権譲渡登録、著作権に関する法律相談など幅広く対応経験があります。なお、ウェブ・インターネットなどデジタル分野の割合も多く、デジタル著作権案件についても、訴訟・交渉・契約書・利用規約・法律相談など対応いたします。

インターネット・ウェブ分野の法律問題は、前述のとおり著作権分野は幅広く対応経験があります。また、著作権分野の他にも、インターネット上の名誉棄損に基づく削除請求、発信者情報開示、刑事告訴、発信者情報開示や損害賠償請求に関する訟務など幅広く対応経験があります。

著作権を除いた知的財産権法分野については、商標登録出願、意匠権侵害に係る訴訟、不正競争防止法違反被疑事件起訴前弁護(不起訴)、知的財産権侵害に関する法律相談など、各種対応経験があります。まずは対応可能範囲か含めてお問い合わせください。

その他損害賠償分野は交通事故をはじめとして訴訟・任意交渉など取り扱い経験があります。刑事弁護も、上告審から裁判員裁判まで多く取り扱い経験があります。その他、一般民事・家事・行政対応なども事案の性質が特殊なものでなければ取り扱えますのでまずはご相談ください。

著作権

著作権侵害の交渉対応は多数取扱経験がありますので、著作権侵害についての代理交渉など、被侵害側、侵害側ともに対応可能です。円滑に業務遂行ができる水準にあると考えています。

著作権侵害訴訟は、相当数取扱経験がありますので、対応可能です。インターネットやデジタル著作権、その他著作権法でかなり難解な論点を含んだ訴訟も複数対応経験がありますので、著作権侵害訴訟については、全般的に承れます(※取扱可能という意味で必ずしも有利な結論をお約束する趣旨ではありません。また、複雑なプログラムが関係する場合など、依頼者に技術面でどれだけご協力頂けるのかなど、ご相談させていただく場合がございます。)。

著作権に関する法律相談は、難解な争点を含む専門性の高い訴訟も複数対応経験があることから、インターネットやデジタル著作権を含んだ難解なものを含めてご相談いただけます。

著作権に関する契約書チェック、作成なども対応経験が相当数ありますので、幅広く対応致します。お気軽にご相談ください。また、著作権移転登録も対応経験がありますので、承ることが可能な業務範囲となっています。

著作権侵害を巡る発信者情報開示も対応件数が多い分野ですので、円滑に対応可能と考えています。

海外企業を相手とする発信者情報開示も対応経験が複数件ありますので対応可能です。ただし、複数件の対応経験があるカリフォルニア法人以外の海外法人については、別途協議させてください。

知的財産権

商標については、法律相談、交渉、訴訟承れます。また、出願業務も取扱経験があるので、承れます。

意匠については、意匠権を争点とする訴訟の対応など経験があります。したがって、法律相談、交渉、訴訟承れます。出願については、内容も承った上で、ご相談させてください。

不正競争防止法については、法律相談、交渉、訴訟承れます。

特許・実用新案の侵害事案については、インターネット、特にウェブサイトやゲーム、デジタルデバイス、アプリケーションなどの発明等については対応可能か検討・協議させて頂けます。

インターネット

名誉毀損、知的財産権侵害共に対応経験がありますので、発信者情報開示業務は円滑に対応可能なレベルと考えています。

また、損害賠償についても複数対応経験がありますので、円滑に対応可能な水準に達していると考えています。お気軽にご相談ください。

リーガルグラフィック

難解な法律書面へのイラスト挿入は、公開している水準であれば承れます。イラストの技術は、公開している水準を参考にしてください。また、イラスト化案を提案することができますので、イラストは別の方に描いてもらう形でもご相談に応じます。

法律関連の記事のコミカライズは、公開している水準については対応可能です。ネームをつくることも、可能です。

一般民事

交通事故は相当数の対応経験があるので、比較的難易度の高い案件も承ることができます。また、損害賠償案件も、ご相談いただけます。

その他民事訴訟も、複数人でなければ対応が困難な重大難解事案等でなければ基本的に承れます。

刑事事件

刑事事件も、上告、控訴、裁判員裁判、殺人を含んだ重大犯罪事案など幅広い取扱経験がありますので、幅広く対応できます。また、著作権法違反については、かなり難解な争点を含む民事訴訟を複数経験していますので、難度の高いものでも対応可能と考えています。