BLOG

ブログ

意匠法の目的

意匠法の目的は、「意匠」の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与する点にあります(意匠法1条)。ここでいう、「意匠」とは、物品の全部あるいは一部の形状、模様、色彩、又は形状、模様、色彩のいずれか或いはすべての結合であって、人の視覚において、美観を起こさせるものを言います(意匠法2条1項)。また、「意匠」にいう物品の一部には、物品に表示されるか、「物品と一体として用いられる物品」(例えば、エアコンの付属品であるリモコンなど。)に表示される、物品の操作の用に供される画像も、含まれます(意匠法2条2項)。

なお、「意匠」は登録しなければ、意匠権を付与されません(意匠法20条1項)。登録された意匠を「登録意匠」と言います(意匠法2条4項)。登録意匠には意匠権が付与され、意匠権者は、意匠を実施する権利を専有します(意匠法23条本文)。つまり、意匠権者以外の意匠の実施は、原則的に禁じられます。意匠法が規制する「実施」とは、意匠にかかる物品を製造すること、使用すること、譲渡すること、貸し渡すこと、輸出入すること、譲渡・貸し渡しの申し出をすることの各行為を言います(意匠法2条3項)。

このように、意匠法は、物品の全部あるいは一部の形状、模様、色彩、又は形状、模様、色彩のいずれか或いはすべての結合で視覚的に美観を起こさせるものを保護対象として、その保護のために実施行為を規制するという方法によって、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与することを志向します。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。