著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツビジネス
  2. 3 view

ビットコインのシステム

ブロックチェーン

ブロックチェーン(ビットコイン)においては、2009年1月3日から現在に至るまでの1億回に及ぶ取引がすべて記録された台帳が存在します。当該台帳は、ブロックチェーンに参加している各ノードに保存されています。

データの偽造は、プルーフ・オブ・ワークによって防がれます。つまりブロックの承認に一定の時間と労力がかかること、さらに一つのブロックを偽造すればその後のブロックも連綿と偽造しなければならず、ブロックの承認に費やされる労力も連綿と必要となることから、事実上、台帳の偽造は非常に困難になっています。

この偽造の困難性及びこれを伴った財やサービスの交換媒介物の存在が仮装通貨が社会に対して提供する価値であり、仮想通貨が提供するサービスの本質、仮想通貨の存立基盤ともなっています。

現時点では仮想通貨は通貨ではなくサービスに留まる可能性が高いのではないかと考えられます。

台帳の保存場所

ビットコインはそもそも、ネットワーク上に記録されます。このビットコインの取引履歴データを記録したブロックチェーンネットワーク上のデバイスをノードと呼びます。

そして、ビットコインの全ての取引を記録したノードをフルノードと言います。フルノードもネットワーク上に多数存在します。

プルーフオブワーク

ビットコインは取引履歴の集積をブロックチェーンによって記録、管理しています。

ブロックチェーン技術の基幹は正しい取引の認証です。つまり、一つのビットコインが2重譲渡された場合にどちらの譲渡が正しい取引か決定する仕組みが必要となります。2つのトランザクションのどちらを残して、どちらを消除するかの決定を行う仕組みが必要になります

この認証がプルーフオブワークと呼ばれるシステムです。

ブロックにはナンスというランダムなデータが含まれ、ハッシュ関数で暗号化されます。このハッシュ関数を手当たり次第総当たりで紐解いた時に、ブロックが認証されるという仕組みをとることで、仮想通貨の仕組みは成り立っています。
つまり、正しい認証を行う資格を、計算リソースを提供した対価として与えさらにビットコインが報酬として与えられることになります。このようにブロックチェーンにおける正当なトランザクションは、先に譲渡された取引ではなく、正当と認証された取引となります。正当と認証されなかった取引は、正規のブロックチェーンからは除外されます。

公開鍵暗号

ビットコインの取引(トランザクション)は、公開鍵と秘密鍵を用いた公開鍵暗号で行われます。

公開鍵暗号とは暗号化を行う公開鍵と暗号化されたデータを解読する秘密鍵を分離する暗号システムを言います。

受信者のもつ公開鍵は公開されているため送信者において暗号化はできますが、秘密鍵は受信者にしかわからないので、解読はデータの正当な受信者のみが行えることになります。

ビットコインはビットコインアドレスによって管理されます。

ビットコインは秘密鍵から公開鍵が生成され、さらにビットコインアドレスが生成されることで管理されます。ビットコインアドレスは複雑な公開鍵を短縮して表記したデータです。

秘密鍵はランダムに生成された乱数で構成されます。

コンテンツビジネスの最近記事

  1. 法律事務所でのキャラクターやロゴ利用

  2. コンテンツのマネタイズモデル

  3. コンテンツビジネスの融合とコンテンツの内容

  4. SNSにおける自社アカウントの役割

  5. 広告とコンテンツの違い

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP