BLOG

ブログ

著作権侵害の差し止めを請求するには,対象が著作物でなければなりません。

著作物とは,「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」とされています(著作権法2条1号)。

分解していくと,①「思想又は感情を」②「表現したもの」である必要があります。さらに,②「表現」は③「創作的」な表現でなければいけません。また,②「表現したもの」が,④「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属する」必要があります。

したがって,対象が著作物であるというためには,上記①から④の条件を満たしている必要があるということになります。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。