BLOG

ブログ

著作権法2条1項1号は,同法により保護される著作物について,「思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するもの」と規定し,同条2項は,「この法律にいう美術の著作物には,美術工芸品を含むものとする。」と規定しています。これらの規定は,意匠法等の産業財産権制度との関係から,著作権法により著作物として保護されるのは,純粋美術の領域に属するものや美術工芸品などの表現物であり,実用に供され,あるいは産業上利用されることが予定されているものは,著作権法が保護対象にしていないという前提に立脚していると解されます。すなわち,種々の表現物の保護について政策的な棲み分けが行われており,実用品や産業品は,純粋美術やこれに同視し得る美術工芸品とは異なり,著作権法上の保護ではなく,意匠法等の工業所有権等の保護領域とされていることから,著作権法の保護を受けるべき著作物について,「美術…の範囲に属するもの」と限定を付しているものと解されています。

純粋美術、応用美術、美術工芸品

実務においては,純粋美術、応用美術、美術工芸品などに分類して議論を把握するのが一般的です。すなわち,純粋美術品であれば,「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属する」といえます。そして,応用美術であれば,原則的に「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属」さないことになり,著作物性が否定されることになります。しかし,明文で応用美術のうち美術工芸品が例外的に著作物に該当することが規定(著作権法2条2項)されています。また,美術工芸品に該当しない応用美術品の中でも,例外的に著作物性が肯定される場合があります。たとえば,判例は,応用美術品「が純粋美術や美術工芸品と同視することができるような美術性を備えている場合に限り,著作権法による保護の対象になる」と述べるものなどがあります。

純粋美術とは

純粋美術とは,芸術的価値を専らにする活動や作品を指す「fine art」に近い概念ですが,日本の著作権法上定まった定義があるわけではありません。判例には,「個々に製作された絵画など、専らそれ自体の鑑賞を目的とし、実用性を有しない」ものなどと説明するものもあります。

応用美術とは

応用美術についても、定まった定義があるわけではありません。
著作権制度審議会答申説明書では,おおむね次のものをいうと述べられています。
① 美術工芸品、装身具等実用品自体であるもの。
② 家具に施された彫刻等実用品と結合されたもの。
③ 文鎮のひな形等量産される実用品のひな形として用いられることを目的としているもの
④ 染織図案等実用品の模様として利用されることを目的とするもの

応用美術の著作物性について述べた判例は,数点ありますが,以下,3点抜粋します。
仙台高裁平成14年7月10日判決―ファービー人形無罪事件控訴審
一般に、美術は、個々に製作された絵画など、専らそれ自体の鑑賞を目的とし、実用性を有しない純粋美術と、実用品に美術の感覚技法を応用した応用美術に分けられる。そして、純粋美術が思想、感情の創作的表現として美術の著作物に該当すること、また、応用美術のうち、美術工芸品、すなわち美術の感覚や技法を手工的な一品製作に応用したものが美術の著作物に該当することは明らかであるが、応用美術のうち、本件「ファービー」のような工業的に大量生産された実用品に美術の感覚や技法を応用したものが美術の著作物に該当するかどうかは条文上必ずしも明らかではない。
しかしながら、①本件「ファービー」のように、工業的に大量生産された実用品のデザイン形態は、本来意匠法による保護の対象となるべきものであること、②現行著作権法の制定過程において、意匠法との交錯範囲について検討されたが、その際、同法により保護される応用美術について、広く美術の著作物として著作権法上も保護するという見解は採用されなかったこと、③応用美術全般について著作権法による保護が及ぶとすると、両者の保護の程度の差異(意匠法による保護は、著作権法の場合と異なり設定登録を要する上、保護される期間も一五年間であり、著作権法の五〇年間と比較して短い。)からして、意匠制度の存在意義を著しく減殺することになりかねないことなどを考慮すると、工業的に大量生産された実用品のデザイン形態については原則として著作権法の保護は及ばないと解するのが相当である。もっとも、このような実用品のデザイン形態であっても、客観的に見て、実用面及び機能面を離れ独立して美的鑑賞の対象となる美的特性を備えているものについては、純粋美術としての性質を併有しているといえるから、美術の著作物として著作権法の保護が及ぶと解される。
これを本件「ファービー」についてみると、「ファービー」は、上記のとおり、内蔵されたセンサーにより外部からの刺激を感得し、これに対して耳や瞼等を動かしたり音声を発したりする上、その音声も使用を継続するとともに「ファービー語」と称する幼児語を想定した擬似言語から次第に日本語ないし英語の熟語に変化するという機能により、使用者にあたかも成長するペットを飼っているかのような感情を抱かせることに本質を有する玩具であって、その容貌姿態が愛玩性を高める一要素となっていることは否定できないが、全身を覆う毛の縫いぐるみから動物とは明らかに質感の異なるプラスチック製の目や嘴等が露出しているなど、これが玩具としての実用性及び機能性を離れ独立して美的鑑賞の対象となる美的特性を備えているとは認め難いのであって、本件「ファービー」のデザイン形態が我が国著作権法の保護の対象たる美術の著作物ということはできない。

上記抜粋のファービー人形事件は,応用美術の著作物性について最終的に下記のとおり述べています。

工業的に大量生産された実用品のデザイン形態については原則として著作権法の保護は及ばないと解するのが相当である。もっとも、このような実用品のデザイン形態であっても、客観的に見て、実用面及び機能面を離れ独立して美的鑑賞の対象となる美的特性を備えているものについては、純粋美術としての性質を併有しているといえるから、美術の著作物として著作権法の保護が及ぶと解される。(ファービー人形無罪事件)
また,トイプードル事件判例は,応用美術の著作別性について下記のとおり述べています。
平成20年7月4日東京地裁判決―トイプードル事件
実用に供され,あるいは産業上利用されることが予定されているものは,それが純粋美術や美術工芸品と同視することができるような美術性を備えている場合に限り,著作権法による保護の対象になるという趣旨であると解するのが相当である。(トイプードル事件)

さらにチョコエッグ・フィギュア事件判例は,応用美術の著作別性について下記のとおり述べています。
平成17年7月28日大阪高裁判決―チョコエッグ・フィギュア事件
応用美術であっても、実用性や機能性とは別に、独立して美的鑑賞の対象となるだけの美術性を有するに至っているため、一定の美的感覚を備えた一般人を基準に、純粋美術と同視し得る程度の美的創作性を具備していると評価される場合は、「美術の著作物」として、著作権法による保護の対象となる場合があるものと解するのが相当である」(チョコエッグ・フィギュア事件)

以上ようするに,日本の判例は,応用美術の著作物性について,純粋美術と同視し得る美的創作性を具備していることを要件として,著作物性を肯定しているということが言えます。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。