CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

コンテンツマーケティングというと、デジタル媒体のイメージが強いかもしれません。

しかし、紙媒体の頃からコンテンツマーケティングは存在し、カスタマーマガジンなどの雑誌形態で流通していました。

現在においてはインターネットの普及によって、さらに容易にコンテンツマーケティングに参入できる時代が来ています。

このように、デジタル媒体のイメージが強いコンテンツマーケティングですが、実際には紙媒体の頃から存在していたのであり、現代においてはマーケティング手法の一つとして選択が容易になったというにすぎません。

ただし、今後コンテンツマーケティングはより多くの企業に採用されていき、コンテンツ自体の競争の時代が来るものとも考えられます。

そこで、必要になる、あるいは有効な競争戦略となるのがコンテンツの差別化であり、徐々に、コンテンツの魅力にエンターテイメント要素を加えたコンテンツを配信することで顧客獲得に近付けている企業も増えて来ました。

エンターテイメントは固有性がひとつの震源地となるため、差別化をするにはこれ以上ないプラスアルファ要素であると考えられます。

そうすると、固有の魅力をコンテンツに与えられるクリエイターの活躍の場というのは、より拡がっていくことが期待されます。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。