著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. ご案内
  2. 3 view

著作権侵害に関する法律相談について

著作権を侵害されている場合弁護士による法的対応が必要なケースも存在します。弁護士による対応は、文書による警告書・内容証明の発送から,訴訟などの法的対応まで様々です。

著作権侵害についてご相談いただく際は、法律相談を実施させていただき、法律相談の内容に応じて、弁護士への委任などを、決定していただくことになります。

問題となっている著作物と、問題となっている侵害行為を特定し、差し止め、損害賠償、刑事告訴などの適切な対応方法を協議することになります。また、併せて弁護士費用についても、ご説明させて頂くことになります。

著作権侵害に対する法律相談は有料ですが、法律相談費用は事件を受任する場合、着手金から引かせていただいております。

著作権侵害に関する法律相談についてお持ちいただきたい資料
問題となっている著作物を特定するための資料
問題となっている著作物の形状など、著作物を特定するための資料をお持ちいただく必要があります。著作権は特定の著作物を客体として発生する権利となりますので、著作物を特定できないと、権利の侵害の有無を含めて判断が出来ないことになります。

著作権の侵害態様を特定するための資料
問題としている著作権の侵害態様を特定するための資料です。著作権は複製権や公衆送信権などの権利の束です。それぞれの権利は特定の行為を独占的に行う権利として、著作権者に付与されています。したがって、特定の著作物に対するどのような行為を問題としているのか、権利の侵害態様を特定する資料があれば、お持ちいただく必要があります。

ご案内の最近記事

  1. 当サイト及び関連サイトについて

  2. コンテンツ制作カテゴリについて

  3. ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

  4. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  5. コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP