著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツと法律
  2. 5 view

頒布権・譲渡権・貸与権

映画の著作物の頒布権

著作権法26条は、映画の著作物の頒布権について定めます。頒布とは、著作物が複製されるなどした有体物の譲渡、貸与を言います。2項においては、映画の著作物に複製されている著作物、つまり、映画の映像の中に移りこんでいる著作物や、映画に挿入されている音楽の著作物などについても、頒布権が認められています。

(頒布権)
第二十六条  著作者は、その映画の著作物をその複製物により頒布する権利を専有する。
2  著作者は、映画の著作物において複製されているその著作物を当該映画の著作物の複製物により頒布する権利を専有する。

著作権法上の貸与の概念

著作権法上の貸与には、いかなる法主体によるいかなる法形式であるかを問わず、実質的に貸与と評価できる形式の利用形態を含みます(著作権法2条8項)。

映画の著作物を除いた著作物の譲渡権

著作権法26条の2は同法26条で頒布権が認められている映画の著作物を除いた映画の著作物以外の著作物について、著作(権)者が譲渡権を有することを定めています。つまり、映画の著作物については26条によって、映画以外の著作物については26条の2第1項によって、著作権者は、他者が著作物の現作品乃至複製物などの著作物が化体した有体物の譲渡を行うことを禁止する権利を付与されています。

譲渡権の消尽

権利者乃至はその許諾を得た者から公衆に一度譲渡された場合、譲渡権は消尽し、買い受けた公衆においては、買い受けた現作品乃至複製物その物に限っては、今後、誰に対しても自由に譲渡し得ることになります(著作権法26条の2第1項)。したがって、新書で購入したコミックスや本を古書店などに中古品として売る場合や、古書店などから中古品を買うことは、基本的に譲渡権を侵害しないことになります。映画の著作物については、譲渡権の消尽について、明文規定がありません。この点、映画の著作物の一類型と解されるゲームソフトについて、著作権の効力が消尽するとした判例があります(最判平成14年4月25日・中古ゲームソフト事件)。

 (譲渡権)
第二十六条の二  著作者は、その著作物(映画の著作物を除く。以下この条において同じ。)をその原作品又は複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあつては、当該映画の著作物の複製物を除く。以下この条において同じ。)の譲渡により公衆に提供する権利を専有する。
2  前項の規定は、著作物の原作品又は複製物で次の各号のいずれかに該当するものの譲渡による場合には、適用しない。
一  前項に規定する権利を有する者又はその許諾を得た者により公衆に譲渡された著作物の原作品又は複製物
二  第六十七条第一項若しくは第六十九条の規定による裁定又は万国著作権条約の実施に伴う著作権法の特例に関する法律 (昭和三十一年法律第八十六号)第五条第一項 の規定による許可を受けて公衆に譲渡された著作物の複製物
三  第六十七条の二第一項の規定の適用を受けて公衆に譲渡された著作物の複製物
四  前項に規定する権利を有する者又はその承諾を得た者により特定かつ少数の者に譲渡された著作物の原作品又は複製物
五  国外において、前項に規定する権利に相当する権利を害することなく、又は同項に規定する権利に相当する権利を有する者若しくはその承諾を得た者により譲渡された著作物の原作品又は複製物

映画の著作物を除いた著作物の貸与権

著作権法26条の3は同法26条で頒布権が認められている映画の著作物を除いた映画の著作物以外の著作物について、著作(権)者が貸与権を有することを定めています。つまり、映画の著作物については26条によって、映画以外の著作物については26条の3第1項によって、著作権者は、他者が著作物の複製物などの著作物が化体した有体物の貸与を行うことを禁止する権利を付与されています。

 (貸与権)
第二十六条の三  著作者は、その著作物(映画の著作物を除く。)をその複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあつては、当該映画の著作物の複製物を除く。)の貸与により公衆に提供する権利を専有する。

実演家の譲渡権・貸与権

実演家はその実演をその録音物又は録画物の譲渡により公衆に提供する権利を専有します(著作権法95条の2第1項)。録音とは、音を物に固定し、又はその固定物を増製することを言い(著作権法2条1項13号)、録画とは映像を連続して物に固定し、又はその固定物を増製することを言います(同14号)。但し、実演家の譲渡権は、録音権、録画権を有する者が録音、録画した録音物、録画物には及びません(著作権法95条の2第2項1号)。さらに、実演家の録音権、録画権は、録音権者、録画権者の許諾を得て映画の著作物に録音され、又は録画された実演についてはこれを録音物に録音する場合除き、行使できません(著作権法91条2項)。したがって、録音権者、録画権者の許諾を得て映画の著作物に録音され、又は録画された実演についてはこれを録音した録音物を除いては、譲渡権を行使できません(著作権法95条の2第2項2号)。実演家の譲渡権についても消尽規定が置かれています(著作権法95条の2第3項)。
さらに、実演家には実演が録音されている商業用レコードについて原則的に貸与権を有します(著作権法95条の3第1項)。

レコード製作者のの譲渡権・貸与権

レコード製作者は、その製作にかかるレコードを複製物の譲渡により公衆に提供する権利を専有します(著作権法97条の2第1項)。消尽に関する規定も、法定されています(同2項)。また、レコード製作者は、その製作にかかるレコードの貸与権も専有します(同97条の3第1項)。

善意者に係る譲渡権の特例

映画の著作物の複製物を除いて、著作物の原作品乃至は複製物、実演の録音物若しくは録画物、又はレコードの譲渡を受けた際に、権利の消尽が生じていないことを知らず、かつ、権利の消尽が生じていないと信じたことについて過失がない場合は、著作物の原作品乃至は複製物、実演の録音物若しくは録画物、又はレコードの公衆への譲渡行為は本来的には譲渡権の侵害を意味しますが、特例により権利を侵害する行為でないものと看做されます(著作権法113条の2)。

コンテンツと法律の最近記事

  1. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  2. 航空法改正によるドローン規制

  3. オリンピックエンブレム撤回問題

  4. ハイスコアガール問題和解成立

  5. 無料素材と誤診して写真素材をウェブサイトに使用した後損害賠償訴訟が提起され原告請求が認容さ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP