CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

画素数の話を述べていく前に、画像ファイルの形式について、このエントリで述べておきたいと思います。

画像ファイルにはまずベクター形式とラスター形式があります。

ラスター形式は、ピクセル(画素)、つまり点の集りとして記録されたファイルです。昔、ファミコンなどで採用されていたドット絵という形式の画像がありました。ラスター形式はとどのつまり、ドット絵の点の数を増やしたもので、ラスター画像は拡大していくとつまるところ一つの四角い点になります。

これに対してベクター形式は、数式として記録されたファイルです。

写真など複雑な画像はベクター形式で描写しにくいため、ラスター形式の画像が使用されます。フォトショップに代表されるペイント系ソフトがラスター形式なのも、写真などの複雑なグラフィックを扱うソフトの特性上、ラスター形式が適しているからです。

これに対してベクター形式の画像ファイルは数式の集合であるため、大きさを変更しても一部の値を変更して計算をするだけであり、画像の劣化が生じにくいことが大きな特性です。ロゴデザインやイラスト(ベクター形式の代表的なドローソフトであるイラストレーターは、文字通り、イラストなどを作成するためのソフトです。)などに向いた画像形式です。

イラストレーターを代表するドロー系の画像ソフトにはベクター形式が採用されています。また、イラストレーターで作成したベクター形式の画像ファイルをラスター形式に変換すること(ラスタライズ)もできます。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。