著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツ関連情報
  2. 4 view

画像ファイルの種類

画素数の話を述べていく前に、画像ファイルの形式について、このエントリで述べておきたいと思います。

画像ファイルにはまずベクター形式とラスター形式があります。

ラスター形式は、ピクセル(画素)、つまり点の集りとして記録されたファイルです。昔、ファミコンなどで採用されていたドット絵という形式の画像がありました。ラスター形式はとどのつまり、ドット絵の点の数を増やしたもので、ラスター画像は拡大していくとつまるところ一つの四角い点になります。

これに対してベクター形式は、数式として記録されたファイルです。

写真など複雑な画像はベクター形式で描写しにくいため、ラスター形式の画像が使用されます。フォトショップに代表されるペイント系ソフトがラスター形式なのも、写真などの複雑なグラフィックを扱うソフトの特性上、ラスター形式が適しているからです。

これに対してベクター形式の画像ファイルは数式の集合であるため、大きさを変更しても一部の値を変更して計算をするだけであり、画像の劣化が生じにくいことが大きな特性です。ロゴデザインやイラスト(ベクター形式の代表的なドローソフトであるイラストレーターは、文字通り、イラストなどを作成するためのソフトです。)などに向いた画像形式です。

イラストレーターを代表するドロー系の画像ソフトにはベクター形式が採用されています。また、イラストレーターで作成したベクター形式の画像ファイルをラスター形式に変換すること(ラスタライズ)もできます。

コンテンツ関連情報の最近記事

  1. 音楽家がJASRACを相手取って訴訟を提起

  2. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  3. 航空法改正によるドローン規制

  4. オリンピックエンブレム撤回問題

  5. ウェブでの簡単なアニメーション表現

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP