CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

画素数は、縦の画素数×横の画素数で算出されます。

解像度は、dpiと呼ばれる尺度で算定され、dpi(ディーピーアイ)は、dots per inchの略称です。また、ppiという尺度も利用されることがあります。ppi(ピーピーアイ)は、pixel per inchの略称です。

ともに、1inchという絶対数のなかにどれだけのドットないしピクセル(画素)を並べられるかを基準に表記した数字になります。

したがって、縦100ピクセルの画像でも、解像度1ppiの場合は縦100インチの画像データになりますし、解像度が100ppiの場合は、縦1インチの画像データになります。

画素数をそのままにして画像を拡大すれば、解像度は下がることになります。ラスター形式の画像データを拡大すると劣化するのは、このためです。例えば、100ppiの画像を1インチで表示しているとき、これを10インチの表示に拡大すれば、解像度は10ppiまで落ちますので、画質は劣化します。

理論的には、1ピクセル×1ピクセルの画像データを、1インチにも100インチにも拡大・縮小できますので、デジタル画像の実寸はピクセル数と解像度が定まらなければ算定できませんし、解像度はピクセル数と実寸が定まらなければ算定できないことになるはずです。

また、画素数は基本的に実寸とは必ずしも関連しない概念なので、画素数は単純に縦×横のピクセル数の積算で算定できることになります。


グラフィック・リーガル・サービス

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。