著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツ関連情報
  2. 7 view

画素と解像度

画素数は、縦の画素数×横の画素数で算出されます。

解像度は、dpiと呼ばれる尺度で算定され、dpi(ディーピーアイ)は、dots per inchの略称です。また、ppiという尺度も利用されることがあります。ppi(ピーピーアイ)は、pixel per inchの略称です。

ともに、1inchという絶対数のなかにどれだけのドットないしピクセル(画素)を並べられるかを基準に表記した数字になります。

したがって、縦100ピクセルの画像でも、解像度1ppiの場合は縦100インチの画像データになりますし、解像度が100ppiの場合は、縦1インチの画像データになります。

画素数をそのままにして画像を拡大すれば、解像度は下がることになります。ラスター形式の画像データを拡大すると劣化するのは、このためです。例えば、100ppiの画像を1インチで表示しているとき、これを10インチの表示に拡大すれば、解像度は10ppiまで落ちますので、画質は劣化します。

理論的には、1ピクセル×1ピクセルの画像データを、1インチにも100インチにも拡大・縮小できますので、デジタル画像の実寸はピクセル数と解像度が定まらなければ算定できませんし、解像度はピクセル数と実寸が定まらなければ算定できないことになるはずです。

また、画素数は基本的に実寸とは必ずしも関連しない概念なので、画素数は単純に縦×横のピクセル数の積算で算定できることになります。


グラフィック・リーガル・サービス

コンテンツ関連情報の最近記事

  1. 音楽家がJASRACを相手取って訴訟を提起

  2. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  3. 航空法改正によるドローン規制

  4. オリンピックエンブレム撤回問題

  5. ウェブでの簡単なアニメーション表現

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP