著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. ご案内
  2. 4 view

知的財産権侵害等知財争訟にかかる弁護士費用はどの位ですか

当事務所では,最低着手金10万(税別)円から案件をお引き受けしております。

知的財産権侵害にかかる法律相談においては,個人のお客様の場合相談料を30分4000円,30分以降10分1000円で頂いております。また、法人・事業者様の場合1時間15000円、1時間経過以降1時間毎に1万円をいただいております。もっとも、法律事務を受任する場合法律相談料は受任の際着手金に含ませていただける場合もございます。

その他,ご依頼内容の成否によって,別途成功報酬金が発生します。例えば,知的財産権侵害に基づいて差し止めを請求し認められた場合や,損害賠償請求を行い認められた場合,損害賠償請求の減額に成功した場合などに,成功報酬金が発生します。

知的財産権侵害も,基本的に他の案件と同様に,当事務所が原則的に採用している報酬規程である旧日本弁護士連合会報酬等基準に則り,着手金,成功報酬金等の弁護士費用を算定します。

訴訟事件に関しては,下記の表を参照してください。下記表の経済的利益は,損害賠償請求の場合,請求する金額乃至は請求されている金額を指します。たとえば,著作権侵害で100万円を請求されている場合,経済的利益の金額は,請求する側にとっても,される側にとっても,100万円になります。事件に弁護士が介入して,結局著作権侵害者が著作権被侵害者に50万円支払った場合,成功報酬算定の基礎となる経済的利益は,侵害者側,被侵害者側ともに,50万円となります。なお,差止請求などの金銭に換算しづらいケースは,別途お問い合わせください。

次に,訴訟などの法的手続きによらない知的財産権侵害に関する示談交渉については,下記表の3分の2の金額でお受けすることが出来ます。また,示談交渉から受任している場合,訴訟移行時の着手金は,下記表の2分の1の金額でお受けすることが出来ます。もっとも,交渉先行による減額の場合でも,着手金の最低額は,10万(税別)円となります。

その他,侵害に関する警告書や,警告書に対する回答書などの内容証明郵便の起案なども10万円(税別)から,承ることが出来ますので,御気軽にお問い合わせください。

経済的利益の額が300万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の8%(税別)
成功報酬 経済的利益の額の16%(税別)

 

経済的利益の額が300万円以上3000万円以下の事案
着手金 経済的利益の額の5%+9万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の10%+18万円(税別)

 

経済的利益の額が3000万円以上3億円以下の事案
着手金  経済的利益の額の3%+69万円(税別)
成功報酬  経済的利益の額の6%+138万円(税別)

 

経済的利益の額が3億円以上の事案
着手金 経済的利益の額の2%+369万円(税別)
成功報酬 経済的利益の額の4%+738万円(税別)

 

ご案内の最近記事

  1. 当サイト及び関連サイトについて

  2. コンテンツ制作カテゴリについて

  3. ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

  4. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  5. コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP