著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツビジネス
  2. 4 view

コンテンツマーケティング の目的

コンテンツマーケティング の狙い

コンテンツマーケティグにはさまざまな効果があります。

ここでは、ゴールから巻き戻して捉えていきたいと思います。

そして、コンテンツマーケティング もマーケティング、つまりビジネスの一環である以上、商品の購入や、サービスの申し込みがゴールとなることが一般的と考えられます。

この商品の購入や、サービスの申し込みダイレクトにつながるのが広告です。ゴールを決める、いわばフォワード、ストライカーの立ち位置ですね。

これに対して、コンテンツマーケティング は、ゴールに至るアトリビューションを重視するもので、サッカーの例えを続ければミッドフィルダー、ゲームメーカーの立ち位置と言えます。

見込み客をつないで、最終的なコンバージョンまで、キープする、という役割が重要になってくると考えられます。もちろん、ミッドフィルダーがゴールを決める事があるのも、サッカーと同じです。

なぜコンテンツマーケティング ?

最初からフォワードへとボールを運んだ方がはやい。確かにその通りです。しかし、近年そうしたロングボール中心のサッカーは通用しなくなってきています。つまり、情報を選べる時代に、顧客は単純な広告ではあまり情報を取り入れなくなったといえます。そこで中盤をしっかり作ったつなぐサッカーが望ましくなってきたのです。

もちろん、ロングボールが効果的な時もあります。そこで、広告(速攻)とコンテンツマーケティング (つなぐサッカー)を状況をみて適切に組み合わせることが結果を出すには重要となってきます。

ペルソナの設定

コンテンツマーケティング にあたっては、コンテンツを提供する対象、つまり、ペルソナの設定が必要になります。ペルソナが曖昧、あるいは具体的でない、想像の産物に過ぎないなどの場合、コンテンツマーケティング の効果は薄くなります。

ターゲットが明確でないと、効果が薄いのはなんでも同じ、というわけですね。

コンテンツビジネスの最近記事

  1. 法律事務所でのキャラクターやロゴ利用

  2. コンテンツのマネタイズモデル

  3. コンテンツビジネスの融合とコンテンツの内容

  4. SNSにおける自社アカウントの役割

  5. 広告とコンテンツの違い

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP