コンテンツと法律の問題を重視する I2練馬齋藤法律事務所リーガルグラフィック東京 のウェブサイトです。 お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツと法律
  2. 2 view

アフィリエイトの画像利用

先程アップしたエントリなど、アフィリエイトの画像利用を行っています。

このブログではエンターテイメント系の記事としておもしろい映画や海外ドラマ、コミックなどの紹介も積極的に行っていこうと考えています。そうした紹介記事において、やはり挿入したいのが作品の表紙などの画像データだったりします。

そうしたときに引用要件を満たしても良いのですが、アフィリエイト登録をしてアフィリエイト用のバナーを貼ってしまうというのは自身に経済的メリットも発生し、合理的な画像挿入方法となり得ます。

アフィリエイトの画像利用には著作権法47条の2の適用があるものと解されます。詳しくは事務所のウェブサイトに著作権法47条の2に関連する記事を複数アップしていますので、そちらもご覧ください。

結論からいうと、現行の条文構造上、気をつけないといけないのはアフィリエイト画像については、「画素数」と「著作物の表示の大きさ又は精度が…譲渡又は貸与の申出のために必要な最小限度のものであり、かつ、公正な慣行に合致するものである」ことです。

「画素数」は、32400画素未満であれば許容されます。

正直、画素数について2度見してしまいますが、32400画素です。324000画素ではありません・・・この画素数については、また、別の記事をエントリしたいと思っています。

つまり、アフィリエイトとして画像挿入することでブログに色を添えることは可能ですが、32400画素以内で、さらに、公正な慣行に合致する必要最小限度の範囲内で行うことが求められます。

コンテンツと法律の最近記事

  1. 自動公衆送信の際注意が必要な3つのコンピュータの存在

  2. サーバーサイドの画像処理と画像処理ソフトやクライアントサイドの画像処理における結論の統一性…

  3. 投稿型サイトの運営主体

  4. インターネット上の著作権をはじめとする権利侵害について

  5. インラインリンク著作権幇助侵害を含んだ札幌地方裁判所・平成28年(ワ )2097号発信者情…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP