著作権、知的財産権、ICTなど、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるコンテンツトピックス お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツと法律
  2. 10 view

インラインリンク に著作権の幇助権侵害を認めた裁判例3件等の経緯

1件だけ判断が早かったのは、相手方の応訴状況などによるものです。

回避、というより、インラインリンク の議論に踏み込む前に一体の侵害であるととして権利侵害が認められました。

元は同じ事例ですが、3件続くとインパクトがありますね。

インラインリンク が中心争点だった事案です。リンク先で重要な部分はご紹介いただいていますが、興味のある方は全文もご参照ください。

まったくの個人的な感想です。

ドメインネームサーバーに対する情報開示も認容されました

実務的なインパクトはこちらの方が大きいかもしれません。海外のコンテンツプロバイダを利用している事案でも、ドメインネームサーバーについて国内の通信事業者を利用している場合、国内の事業者から情報開示を得られる可能性があります。

コンテンツと法律の最近記事

  1. インラインリンクとは①ブラウザの歴史

  2. フラダンス振付事件一審判決総論部分のポイント

  3. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  4. マリカー訴訟不正競争防止法違反に基づく差止等が認容

  5. 著作物の題号等を摘示して著作者と偽る行為

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP