CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

I2練馬斉藤法律事務所LG東京弁護士齋藤理央は、コンテンツ制作を実践しています。

では、コンテンツ制作の実践は、コンテンツ法務の提供にどのように役立つのでしょうか。

一番大きな影響は、コンテンツの制作過程について知見を得る、ということです。コンテンツの成り立ちや、現代型の制作環境、コンテンツをつくるために必要な労力などを、身を以て知ることができます。

コンテンツトラブルや、コンテンツ予防法務、そして、コンテンツの充分な権利保護とトラブルの回避をあらかじめ組み込んだコンテンツ戦略法務は、コンテンツを法務の中心としています。

コンテンツには必ず制作過程、配信過程があります。このコンテンツ法務にかならず存在する制作過程を知ることが、コンテンツ制作を実践している弁護士の強みです。

例えば、現代型の制作環境はデジタルに移行しています。こうしたデジタルな制作環境への移行を、デジタルコンテンツ制作を実践していれば自ずから知ることになります。

ウェブの仕組みや、デジタルファイルの仕組み、種類、デジタルコンテンツ制作用アプリケーションの使用方法、使用して制作されるコンテンツ制作の流れなどを知っていることは、法的問題点を解決するうえでも非常に大きな利点となると、日々の案件処理において実感しています。

コンテンツの商用利用など、コンテンツの社会的利用の際に発生する法律問題でお困りの際は、ぜひ弊所へのご相談もご検討ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。