著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. ご案内
  2. 1 view

広告コンテンツとコンテンツロー

弊所は、クリエイト関連法務、すなわち、クリエイト成果物の伝達の際、あるいは広告をはじめとする商業利用の際に問題となる法律問題を重点業務の基底に据えていることから、コンテンツ・フォー・クライアントの旗印のもと、ウェブサイトに代表される広告媒体を制作しています。

広告自体、コンテンツの商業利用のひとつの重要局面となります。広告に関する創作活動は、避けがたく法的な問題を内包します。

①創作(クリエイト) → ②創作の商品化(創作と関連したサービス・商品)(クリエイト・コマース) → ①´創作(広告のための創作、景品類の創作)(クリエイト・コマース・コミニュケーション) → ③広告利用(別用途の創作物の広告利用、広告のための創作物の利用)(コミニュケーション・コマース) → ④創作と関連したサービス・商品の販売、提供(コミニュケーション・コマース)

創作と関連しないサービス・商品 → ①´創作(広告のための創作、景品類の創作)(クリエイト・コマース・コミニュケーション) → ③広告利用(別用途の創作物の広告利用、広告のための創作物の利用)(コミニュケーション・コマース) → 創作と関連しないサービス・商品の販売、提供

このように、広告のための創作活動は、あらゆる商業活動に不可避に伴います。そこで、弊所弁護士は弊所広告媒体の自作を通じて、コンテンツと広告に関連する法務の質の向上を志向しています。

また、ウェブサイトに代表されるインターネット型のコミニュケーションは、現代社会において必須となっています。弊所弁護士齋藤理央は、ウェブサイト、デジタル創作物のクリエイトも行い、ウェブサイト・デジタル関連紛争など、ICT法務関連の知識の深化を心掛けています。

ウェブサイトに代表される広告媒体を弁護士が制作することを通して、I2練馬斉藤法律事務所Lg東京は、法務の質の向上を志向します。

ご案内の最近記事

  1. 当サイト及び関連サイトについて

  2. コンテンツ制作カテゴリについて

  3. ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

  4. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  5. コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP