CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

インターネット上で、写真やイラスト、コミックなどが無断利用されたあるいは、誹謗中傷を受けているが、発信者が特定できなかったり、交渉に気後れして泣き寝入りした経験はありませんか。

I2練馬齋藤法律事務所LG東京ではそうした権利侵害事案について、交渉、訴訟経験が幅広くあります。

特に、インターネット上での著作権侵害事案は賠償総額が高額にならないケースも多く、弁護士介入すると費用倒れのリスクを負いやすい分野と言えます。

現在弊所ではそうしたインターネット上の著作権侵害などが問題となる賠償案件について顧問契約による本人訴訟支援や、顧問契約を前提とした成功報酬制の受任などを導入中です。

侵害頻度や侵害の度合いなど、状況に応じて適切なプランをご説明させていただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。