CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

そうすると、メモリに受け渡されたHTMLデータやCSSデータは、ツリーを生成するなどCPUで演算処理されて、同じくメモリに受け渡された画像データなどを組み入れてレンダリングデータ(演算処理結果)を生成し、演算処理結果としてのレンダリングデータをメモリに受け返すことになります。

こうして生成されたレンダリングデータがメモリからモニター(あるいはプリンター)に出力されて、著作物を含んだ情報を描画することになります。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。