BLOG

ブログ

コンテンツと法律

著作物の題号等を摘示して著作者と偽る行為

ある著作物の題号(さらに出版日や制作年月日など著作物を特定するに足る情報)を指摘して、著作者でないものが自らを著作者と喧伝する場合、法的な対応は可能でしょうか。 例えば、有名な書籍について題号を指摘して「自らが書いた」、「本当の著作者は自分だ」、「この本にはゴーストライターがいて実は自分だ」と名乗り出るよう...

ご案内

コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

I2練馬斉藤法律事務所LG東京が運営する当ウェブサイトでは、コンテンツと法律の情報を中心に、コンテンツ制作関連の記事、コンテンツビジネスに関連する記事、その他コンテンツ関連情報の記事を掲載しています。 弊所はコンテンツ法務を重視しています。コンテンツ法務には著作権法や商標、不正競争防止法などの関連知財、その...

ご案内

コンテンツ制作関連記事について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京コンテンツ法務特設サイト(このサイト)では、コンテンツ制作関連の記事をアップすることがあります。 コンテンツ関連記事は弊所弁護士齋藤理央が制作するエンターテイメントデジタルコンテンツの制作過程や制作過程で得た背景知識・知見を公開するものなどです。 そうした記事は...

ウェブデジタル法

(インターネット上の)名誉毀損における賠償費目

慰謝料 慰謝料の算定にあたっては、さまざまなファクターから金額を決定します。例えば以下の項目などに着目して損害額を算定するのが一般的と言えます。 被害者の職業、経歴、地位など社会的な立ち位置、ステータス この項目は損害額に大きく影響するファクターであり、例えば芸能人・文化人など著名人や、公人など社会的名誉へ...

ウェブデジタル法

開示関係役務提供者と被侵害者の関係

関係役務提供者が情報の流通に対して負う責任 関係役務提供者は、権利侵害情報が流通したことによって生じる損害賠償責任を大幅に制限されています。すなわち、プロバイダ等の開示関係役務提供者の業務を委縮させないために、その損害賠償責任が限定されています。また、開示請求者と発信者の板挟みとなる点に鑑みて開示関係役務提...

ウェブデジタル法

開示関係役務提供者と発信者の関係

発信者情報開示請求がされた場合、開示関係役務提供者は、発信者に対して意見照会を行う必要があります。 すなわち、「開示関係役務提供者は、前項の規定による開示の請求を受けたときは、当該開示の請求に係る侵害情報の発信者と連絡することができない場合その他特別の事情がある場合を除き、開示するかどうかについて当該発信者...

ウェブデジタル法

ハンドルネームによる被告の特定

民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。 訴状には、次に掲げる事項を記載しなければならない。 一  当事者及び法定代理人 二  請求の趣旨及び原因 この当事者の特定について、平成21年12月25日東京高裁判決(平21(ネ)4...

ご案内

2ちゃんねる書き込みに対する対応

「2ちゃんねる」は日本のインターネットユーザーであれば一度は聞いたことがあるであろう有名電子掲示板です。現在、2ch.netと2ch.scの2種類のURL、サーバーで運営管理されています。2ちゃんねるは基本的に直接画像投稿ができませんので、著作権や商標権の侵害という事態よりも、名誉毀損・プライバシー権侵害な...