著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. ご案内
  2. 7 view

個人作品のウェブ上での無断利用について

写真家、クリエイター、漫画家、ライター、ブロガー、芸術家、YOUTUBER、イラストレーター、ウェブデザイナーなど個人でクリエイトした作品をプロアマ問わず発表している際、ウェブサイトその他の媒体での作品の無断利用に悩まされているケースはありませんか。

弊所ではそうしたウェブサイトその他の媒体での著作物の無断利用について、対応実績がございます。

低額になる場合も多い賠償請求事案についても、顧問契約の併用などにより可能な限り受任できる努力をしております。

ウェブでの無断利用追及の障壁

一番の懸念のひとつは、費用倒れの問題です。うまく相手を特定し、賠償請求を行えなければ労多くして実りなしともなり兼ねません。

相手を特定できても、相手が支払わない、あるいは支払う資力を持たない恐れもあります。

相手の特定、交渉、支払いと、すべてがスムーズにいく例もありますが、そうではないケースも多く存在します。

そうすると、費用倒れという懸念を払しょくする一番の方策は、「ある程度の数の権利侵害に対応すること」になります。多くの権利侵害に対して適正な賠償請求をすることで、トータルで費用倒れになるリスクを減らしていくことが出来ます。

また、I2練馬斉藤法律事務所LG東京は、ウェブでの著作物の無断利用について特定、交渉、支払いまで対応していますので、それぞれの段階での失敗可能性を減らすことが出来ます(※1)。

あるいは、ご自身で対応される場合も本人訴訟、本人開示請求などの支援(※2)を行うことで成功可能性を高めるか、そうなるように努めます。

※1 但し、弁護士介入も成功可能性を高めるというだけで必ず成功するわけでも、必ず成功するとお約束できるわけでもありません。最も、経験に基づいて可能な限りうまくいくように努めます。

※2 予算的に弁護士介入までご検討頂けない場合も月額定額の顧問契約等で、わからないことを御相談頂くことなどが出来ます。

ご案内の最近記事

  1. 当サイト及び関連サイトについて

  2. コンテンツ制作カテゴリについて

  3. ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

  4. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  5. コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP