著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツと法律
  2. 3 view

インターネット法務という領域

インターネット法務とはどういった法分野を指すのでしょうか。端的に言えばインターネット法分野は,法分野を横割に区分したとき,その一定の法領域に渡って縦方向に分布する新たな法領域とらえられると考えられます。

インターネットは,社会的な情報インフラストラクチャーです。すなわち,法分野を民事法,刑事法,行政法分野などと横割りで考え,さらに民事法分野の中で知的財産権法務,損害賠償法務などと詳細に細分化したとします。ここにインターネットというインフラの出現により,インターネット法分野という横割りの新しい法分野が出現したというよりは,すべての法領域にまたがって新たにインターネット・インフラの上で発生する法務が出現したと言った方がインターネット法務を正確に把握しやすいものと思料されます。

たとえば、インターネット法務は,民事法上も,刑事法上も,行政法上も存在します。また,民事法上のなかでも,損害賠償法分野においても,知的財産権法分野においても,存在します。すなわち,インターネットは情報インフラであることから,たとえば民事・刑事双方で規制される名誉棄損,著作権侵害,商標権侵害など従来存在した法規制で規制された行動等のうち,情報の発信や授受のみで実現可能な行動等について存在することになります。

反対に,情報のやり取りだけで発生しない問題,例えば交通事故などのように,インターネット上で生じ得ない事象については,インターネット法務は存在しないことになります。

コンテンツと法律の最近記事

  1. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  2. 航空法改正によるドローン規制

  3. オリンピックエンブレム撤回問題

  4. ハイスコアガール問題和解成立

  5. 無料素材と誤診して写真素材をウェブサイトに使用した後損害賠償訴訟が提起され原告請求が認容さ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP