著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. ご案内
  2. 3 view

ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所

弊所はICTコンテンツ、ウェブサイト法務を取り扱っています。

弊所が,ICTコンテンツ、ウェブサイト法務分野においてセールスポイントとしているのは,ウェブサイトやITコンテンツ作成・配信の自主的な実践に他なりません。

弁護士齋藤理央は,独立以後ウェブサイトの自作に拘ってきました。ホームページビルダーで四苦八苦しながらウェブサイトを作っていた独立当初に比べると,現在ではhtml、css、phpなどを駆使して,ブログの自作を行える程度のスキルを獲得するに至りました。

また、イラストレーターやフォトショップなど、現代型のコンテンツ制作ソフトも自ら使用することで、現代型のコンテンツ制作環境に通暁することも目指しています。

ウェブサイトやITコンテンツ法務において帰趨が問題となる権利義務などの法律関係は,前提となる事実関係を確定したうえで,事実関係を下敷きとして,法規を適用したうえで,その存否が決せられます。

したがって,ウェブサイトやITコンテンツ関係紛争の解決においても前提事実の正確かつ迅速な把握は重要と言えるでしょう。

弊所がセールスポイントとしているのは,ウェブサイトや,ITコンテンツ法務に精通するため,自らもウェブサイトの作成や,ITコンテンツの作成を実践し,ウェブサイトやITコンテンツ制作環境などについて一定程度の知識を予め有しているという点です。

すくなくとも,インターネットの仕組みや現代型のコンテンツ制作関係に興味がなかったり,案件を依頼されてから調査を開始するよりも,事実関係把握の前提となる基礎知識習得のスタート地点と意欲の点で,相当程度有利であると考えています。

このような諸点から弊所ではICTコンテンツ、ウェブサイト法務の質を向上するために周辺知識の習得を志向しています。

また,ウェブサイトやITコンテンツ等の制作過程を,ウェブログなどで、公開、積極的に発信しています。

インターネットや、ITコンテンツに関する紛争解決や,その予防を任せる弁護士を探している事業者様,あるいは,インターネット上での紛争やトラブルに巻き込まれてしまった場合,上記の特徴のもとにICTコンテンツ法務、ウェブサイト法務を取り扱っている弊所へのご相談もご検討いただけましたら,幸いです。

ご案内の最近記事

  1. 当サイト及び関連サイトについて

  2. コンテンツ制作カテゴリについて

  3. ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

  4. キャラクターを巡るトラブルの解決と予防

  5. コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP