CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

キャラクター画像

キャラクターを巡ってトラブルになる場合があります。

キャラクターは、ストーリーやコンテンツ、関連商品、サービスブランドのいわば顔として、トレードマーク・標章的な役割を果たすことが少なくありません。

いわば、コンテンツや関連サービス・商品などの文字通り顔になります。

ブランド価値に直結するそうしたキャラクターの保護を図る必要が生じる場合もあります。その場合、著作権法や不正競争防止法、出願登録がある場合は商標法や意匠法などの知的財産権を駆使して、権利保護・ブランド保護を検討すべきことになります。

商標・意匠登録出願

ビジネス、企業の商標出願・登録業務については複数対応経験があります。したがって、キャラクターの商標登録・出願のご依頼について、承ることが可能です。特にキャラクター画像は、ビジネスの顔となる標章的な意味合いの強い画像です。専門家関与のもと、きちんとアドバイスを受けて、商標を登録出願するのが望ましいでしょう。

意匠については、商品の革新的形状などを保護する点に主眼がありキャラクターの場合商標の方が適合的な場合が多いと考えられますが、商品の内容によっては取得が望ましいものもありますので、まずはご相談頂くことができます。

権利侵害対応

キャラクター画像の盗用、無断使用について対応をご相談いただけます。特に著作権侵害は、ウェブ上のものを含めて相当数の案件に対応しています。発信者の特定から、損害賠償請求まで円滑に業務を遂行できる水準にあると考えています。

その他、まずは法律相談をしていただき、著作権法、不正競争防止法、商標法、一般不法行為など適切な単数または複数の法律構成をご案内させていただくことができます。ご相談お気軽に。

I2練馬斉藤法律事務所はキャラクタービジネスなど周辺知識の習得も心掛けておりキャラクタービジネスの戦略法務もご相談いただけます

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、弁護士が自らコンテンツやコンテンツに登場するキャラクターを創作するなど、コンテンツやキャラクターの制作段階から、経験を通した知見を有していることが特徴です。また、キャラクタービジネスなど周辺知識にもアンテナを張っています。

知的財産権法専門部での知財訟務の経験も複数有するなど、法律面・法律実務面でも実績を有しています。

法律面、制作面や、ビジネス面など様々な観点からキャラクターやキャラクタービジネスの知識を有する弁護士が対応しますので、キャラクターを巡る紛争の解決や、その予防を相談したいときは、弊所へのご相談もご検討ください。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。