BLOG

ブログ

キャラクターを巡ってトラブルになる場合があります。

キャラクターは、ストーリーやコンテンツ、関連商品、サービスブランドのいわば顔として、トレードマーク・標章的な役割を果たすことが少なくありません。

いわば、コンテンツや関連サービス・商品などの文字通り顔になります。

ブランド価値に直結するそうしたキャラクターの保護を図る必要が生じる場合もあります。その場合、著作権法や不正競争防止法、出願登録がある場合は商標法や意匠法などの知的財産権を駆使して、権利保護・ブランド保護を検討すべきことになります。

I2練馬斉藤法律事務所はキャラクタービジネスなど周辺知識の習得も心掛けています

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、弁護士が自らコンテンツやコンテンツに登場するキャラクターを創作するなど、コンテンツやキャラクターの制作段階から、経験を通した知見を有していることが特徴です。また、キャラクタービジネスなど周辺知識にもアンテナを張っています。

知的財産権法専門部での知財訟務の経験も複数有するなど、法律面・法律実務面でも実績を有しています。

法律面、制作面や、ビジネス面など様々な観点からキャラクターやキャラクタービジネスの知識を有する弁護士が対応しますので、キャラクターを巡る紛争の解決や、その予防を相談したいときは、弊所へのご相談もご検討ください。

関連記事一覧