著作権、知的財産権、ICTなど、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるコンテンツトピックス お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツビジネス
  2. 4 view

コンテンツのマネタイズモデル

コンテンツのマネタイズモデルは、コンテンツの直接取引き(コンテンツの購読に課金する)、広告収益、さらにグッズなどのコンテンツの価値が化体した商品・サービスの販売というモデルに分類されると考えています。

この広告収益モデルが近時、変化しているようです。

コンテンツの配信形式がデスクトップからスマートフォンへ、ウェブブラウザからアプリへ変化したことに伴い、行動モデルと分類されるマネタイズが優位になりつつあるようです。たしかに、食べログなどでも昔より予約の取りやすい形態に進化しています。アプリの操作ですぐに予約が取れてしまい大変重宝します。

規模の大きくないビジネスでは当然、アプリを独自開発することも難しい場合が多いと思います。その場合、テンプレートの利用などを検討せざるを得ないところです。しかし、ウェブサイトのテンプレートほどまだ一般には出回っていないようです。

しばらくは、行動モデルのウェブサイトの構築などで代替していく場合もあるのかもしれません。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京はコンテンツビジネスにも深い関心を持っている法律事務所です。

コンテンツ配信など、コンテンツをめぐるトラブルの解決や予防についてご相談をお待ちしております。

コンテンツビジネスの最近記事

  1. コンテンツのマネタイズモデル

  2. コンテンツビジネスの融合とコンテンツの内容

  3. SNSにおける自社アカウントの役割

  4. 広告とコンテンツの違い

  5. SNSアカウントの位置付け

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP