CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

コンテンツを巡る法律問題を重視するI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京が担当した事件について、平成30年10月16日に発令された米国(カリフォルニア州)法人を債務者とする仮処分命令について、2つのニュースサイトに取り上げて頂きました。

ソーシャルメディアでの反響

ニュースアカウントにおいては2万回以上リツイートされたアカウントがあるなど、反響を呼んでいます。

本件の所感

本件は、1年以上の審理期間を経て相当複雑な複数の争点について審理された事案です。また、仮処分であることからその審理内容は十分に公開されるわけではありません。弊所サイトでは、依頼者と相談のうえ、補足が公益に資すると判断される情報については、補足的に情報公開を検討します※1。

カリフォルニア法人への発信者情報開示

コンテンツトラブルの解決を重視する弊所では、カリフォルニア法人への発信者情報開示について、資格証明取得、翻訳を含めてワンストップで対応します。もし、アイコンの無断使用などでお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

 

__

※1 特に事案を超えた抽象的な情報、法律論的に、昨今議論が盛んになってきているインラインリンクを巡る法規制やプロバイダ責任制限法の在り様に関する議論に資する情報などを中心に必要かつ相当な範囲の情報については本件に限らず積極的に発信していきたいと考えています。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。