CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

写真やイラストなどを商品化する際、写真・フォトグラフやイラストレーションは、印刷のうえで、アクリルボード加工することが出来ます。

アクリル(クリア)マウント加工、フォトアクリル加工(アクリルダイフィット)は、作品の表面に透明のアクリルを圧着させ、保護させる額装手法を言います。

アクリル加工が額の役割も果たすため、額に入れなくても十分に保護されるのも魅力です。

このように、写真やイラストは様々な印刷方法があります。

写真・フォトグラフ、イラストレーションは著作権法によって保護される著作物です。無断利用に対しては、権利行使が可能です。また、利用許諾についてはきちんと合意を形成し、形成した合意を書面化しておくことが重要となります。

I2練馬斉藤法律事務所は著作権法務に注力しており、イラストレーションの保護法務についてもご相談をお受けすることが出来ます。

写真・フォトグラフの保護法務については、こちらをご覧ください。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。