著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツ関連情報
  2. 2 view

ウェブでの簡単なアニメーション表現

ウェブでイラストレーションを簡単にアニメーションさせる方法を検討中です。

動画ファイル(MP4など)というレベルでアニメーションさせる必要はないので、候補としては、SVG、APNG、GIF、SWFというところになろうかと思います。

一長一短あります。本当に。ウェブで動画ではなく、簡単にアニメーションさせる手法としてこれといったものは確立していないのがうなづけます。なんでなんでしょう。

SVGは、一番プログラム寄り、APNG、GIFは完全に画像ファイルで、SWFとAPNGは動作環境を選ぶというのが難点でしょうか。

特にAPNGは期待できるものの、動作環境は現時点ではかなり限られているようです。

おそらく性能、動作でいうとSVGが個人的には一番良いなと感じるのですが、開発が一番難しそうなんですよね。そうすると、一番穏当なのはSWFかGIFということになりそうです。SVGは魅かれるのですが、そもそも、JAVAとかもわかってないと自由な制作は難しそうだし、兎に角、手間がかかりすぎるのではないかと感じています。

おそらく現況では、イラストレーターでフレームごとのSWFアニメーションをつくるか、フォトショップでGIFアニメーションをつくるのが、おそらく、現在の環境・経験では一番手っ取り早そうです。そうすると、SWFファイルの視聴環境が現在どの程度整っているのか、が一番の判断材料になりそうです。

GIFは画質が一番のネックなので、GIFの画質を許せるほどにSWFの視聴環境が整っていないのであればGIF,SWFの視聴環境が昔に比べてよくなっているのであれば、SWFという比較衡量になりそうです。

しかし、本当に一長一短ですね。今後この辺も決定版みたいなファイル形式が出てくると良いですが、動画レベルまでいかない簡単なアニメーションというと、画像ファイルの中にプログラムを入れ込んでも、CSSやJAVAなどブラウザで動作させてもどうにかなってしまうので、様々な方向のアプローチで実現可能なので、かえって決定版みたいな手法が出てこないのでしょうか。

コンテンツ関連情報の最近記事

  1. 音楽家がJASRACを相手取って訴訟を提起

  2. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  3. 航空法改正によるドローン規制

  4. オリンピックエンブレム撤回問題

  5. ウェブでの簡単なアニメーション表現

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP