著作権、知的財産権、IT法務など、コンテンツトラブルの解決・予防を重視する弁護士によるオウンドメディア お問合せは 03ー6915ー8682 か コンタクトフォーム をご利用ください。

  1. コンテンツ関連情報
  2. 2 view

フォントと書体

フォントにはウェブフォントとデバイスフォントの2つの種類があります。

デバイスフォントは、クライアントコンピューターに保存されているフォントをブラウザに表示します。

これに対して、ウェブフォントは、ウェブサーバーに保存されているフォントをブラウザに表示します。

CSSにおける@font-faceで、使用フォントのファイルを選択することが出来ます。

フォントファイルには、ttf、otf、woff、eotなどの拡張子が使われています。

フォントと書体は異なります。

書体は文字のデザイン(あるいはデザインの志向)、フォントは書体を表現するための媒体です。フォントはその意味で、データ、あるいはファイルを指していると言った方が正確と言えます。

フォントは現在スケーラブルフォントが多く、スプライン曲線やベジェ曲線で描画されます。

この意味で、フォントはベクター、アウトライン形式問わず、スケーラブルフォントが主流である点で、ビットマップ・ラスタ形式がまだ主流の画像データよりも情報処理としては進んでいる印象も受けます。

ただし、画像においてもSVGファイルが徐々に普及しつつあり、ベクター形式の画像処理が今後主流になる可能性もあります。

フォントは、ADOBEや、MS・APPLEの共同開発のものなどがあります。たとえば同じゴシック体の書体であっても、小塚ゴシック(ADOBE)、MSゴシック(マイクロソフト)で、フォントが描画する実際の文字の形状は若干異なります。

コンテンツ関連情報の最近記事

  1. 音楽家がJASRACを相手取って訴訟を提起

  2. タッチパネルにおけるジョイスティックを模した操作に関する特許侵害差止などで任天堂がコロプラ…

  3. 航空法改正によるドローン規制

  4. オリンピックエンブレム撤回問題

  5. ウェブでの簡単なアニメーション表現

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト

オフィスサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオフィスサイトです。弊所の基幹サイトとなります。

一般法務サイト

コンテンツ法務以外の取り扱い法務を紹介する一般法務サイトです。

オリジナルストーリーサイト

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が制作するオリジナルストーリーサイトです。コンテンツ制作についても体験をとおして知見を有しているという弊所の特徴を体現するコンテンツであり、そのメイキング記事が当サイトのコンテンツ制作カテゴリの多くを占めるなど、当サイトとも密接に関係したコンテンツサイトとなっています。
PAGE TOP