CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

角ウサギのイラストを作成しました。もともと、鉛筆画はあったので、液タブの練習を兼ねて、フォトショップでフリーハンドでウサギの型どりをして、イラストレーションで作成した球形を背景にあしらいました。

こちらが、下書きの角ウサギのシルエットです。だいぶ前に描いたものだったと思います。この下書きの他にも、鉛筆画のまま、ウェブサイトにもアップしているものがいくつかあります。必要に応じて、順次、デジタル化していきたいと思っています。

とにもかくにも、フォトショップCCで液タブを通して、輪郭を模っていきます。とおもったら、しまった!レイヤーが下書きひとつのまま、デジタルのペン入れをしてしまいました!本当に下書きは背景レイヤーなどに自動設定されていると思ったのですが、うっかりしました。しかし、ペン入れし直すのも面倒くさいので、このままデジタルのペン入れを維持して、背景を全部消しゴムで消すという荒業にでました。そのうえで、もう一つレイヤーをつくって白色で塗りつぶして、背景レイヤーの代わりにしてしまいます!本当は、きちんとやり直した方が早くてきれいに仕上がりますが、まあ、いいかと考えて、わしわしと主線以外を消していき、中も手動で塗りつぶす羽目に。中も鉛筆の線に反応してしまって、うまく主線を模った自動選択ができなかったのです。

そして、できあがったシルエットに、イラストレーターCCで作成した球形を2つ、コピーペーストして貼り付けます。球形二つのレイヤーが自動生成されるので、白色に塗りつぶしたレイヤーの前面、ウサギのシルエットのレイヤー(もとは下書きだったレイヤー)の後面に設定します。イラストレーターからフォトショップには、直接コピペできるので便利です。イラストレーターの画像は、自然とラスタライズされるようです。

最後に、グラデーションでホワイトをかけて、すこしぼかして完成です。かなり荒い仕上げですが、やはり、鉛筆画よりはウェブ上で見栄えがします。

このように、様々な知的財産を手作りで作成しています。こうしたデジタル型の製作環境や、知的財産の成り立ちに通じている弁護士が著作権、知的財産権、ICT法務を担当するのが、弊所の特徴(+α)です。このような+αに魅力を感じたら、弊所へのご相談もぜひ、ご検討ください。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。