BLOG

ブログ

2018年11月25日日曜日開催のコミティア126に、行ってみました。コミティアは、オリジナル作品の即売会です。コミティアはオリジナル作品を扱う点で、2次創作中心のコミックマーケットとは、一線を画します。規模はコミックマーケットと比べて小規模ですが、それでも近年相当な規模に成長しているようです。

個人的には2次創作にあまり関心がないのですが、市販されていないオリジナル作品というと、興味を惹かれます。

そういうことで、一度行ってみたいと考えており、短時間でも見学できればと出掛けてきてみました。

 

開催場所は、東京ビッグサイトです。エントランスは、国際展示場駅から、東ホールに進み1階ホールの開催場になります。入り口は特に入場規制はなく、誰でも自由に入れるようになっていました。

さて、会場ですが盛り上がりは写真のとおり、あるいは写真以上に熱量がありました。ブースは、午前中に売り切れるような感じではなく、昼過ぎに着きましたが、どのブースにも盛んに人が集まっていました。ブースも人も多くて、下調べもなく参加したらどうして良いかわからない状態になります。

どうして良いかわからない状態になった場合は、オリジナル作品の即売会という性質上、キチンとシステムが出来上がっていました。文字通りの「見本」が集まったスペースがあります。

ここでじっくりと気になった本を選んでブースにいって購入する、ということができる仕組みのようです。

ただ、それをするにもやはり、相当の時間を要します。現代はインターネット隆盛の時代です。コミティアをほんとうに楽しむコツは、事前に出展者の発信情報にアクセスして、好みに合いそうな作品を選別しておくことかもしれません。

あるいは楽しむコツは見本品をじっくり閲覧する時間的余裕を持っていることかもしれません。

事前の情報も時間の余裕もなかったため、今回は見学だけさせていただき帰ることにしました。

企業ブースなども検討したくなる熱量の高い催しでした。

関連記事一覧