CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

先日のエントリ、ポートレイト風デジタルイラストの手直しは、ポートレイト風デジタルイラストの修正をレポートした記事でした。

さらに、今回は修正のレポートの2回目となります。

前回はこちらの状態のデジタルイラストを、修正していきました。

瞳の書き直しや、服の立体化などを経て、上のイラストの状態まで微調整した過程をレポートしました。

さらに今回は、前回微修正した状態から、さらに修正を加えたり、描き足したりをしました。

今回の修正は、ここまでです。

服に襟をつけました。襟は、いろいろなタイプがあります。

今回の修正は、テーラードカラーという襟のタイプを参考にしています。

また、瞳を描きなおしました。

瞳は、イラスト全体に影響が大きいので、修正をいろいろと試しています。

今回は、前回より少し瞳の大きさを大きくしました。

そのうえで、ハイライトを入れて今回の瞳の調整は終わりました。

さらに、輪郭の調整も行いました。

輪郭や顔全体のバランスがゆがんでいるのですが、全体のゆがみを修正すると労力がかかるため、全体の修正は行っていません。

あごのラインを少し削りました。

その他、髪の毛を少し描き足すなど微調整を行いました。

その後、現時点での調整状況をトップのイラスト画像データと差し替えました。

さらに時間があれば修正を加えたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。