CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

大規模な悪質リーチサイトの摘発事例として注目されたサイト「はるか夢の趾」を巡る刑事訴訟ですが、主犯格にいずれも実刑判決という厳しい判断が下されたことが報道されています。

気になる有罪の理論構成ですが、アップロード者と共謀が認められる、という形で有罪が認められたようですので、所謂共謀共同正犯として問責したのではないかと考えられます。

実行行為がアップロード行為とされたのであれば、リンクを巡る著作権侵害の視点からは特に目新しい判断が含まれない可能性もあります。

しかし、リンクと著作権侵害の問題に踏み込んだ判断がされてる可能性もあるため、判決について要注目であることは変わりません。

詳しい理論構成は判決文のアップを待ちたいと思います。

今回の事案は、摘発時の報道ではアップロード時点から因果経過を支配している証拠を相当数捜査機関が押さえていた、とも言われています。

そうすると、アップロード者と共謀が認められやすく、アップロードされた違法動画に片面的にリンクを貼ったケースとは異質とも捉え得ます。

しかし、単に複製と送信可能化の共謀なのか、その後の公衆送信行為に実行行為性を見出したのかなど、興味は尽きません。

I2練馬斉藤法律事務所では、インターネットが関係する著作権事案についてご相談をお受けし、あるいは訴訟の解決を承る(※)ことが可能です。

著作権問題でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

※有利な結果をお約束するものではなく、難解な争点を含んだ事案についても、受任が適切な事案であれば事件を受任の上で有利な結果を目指して努力するという趣旨です。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。