CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

パソコン

Webサイトは様々なデータで構成されます。

Webサイトを構成するデータは様々な場所に分属して保存され、クライアントコンピュータにWebサイトが表示される過程で、様々なデータが召喚(データオーダー)され、組み立てられ(データコンバイニング或いはデータセットアップ)て、表示されます。

また、シンプルに全てのデータを、母体となるHTMLファイルに包含してアップロードするやり方もあります。

画像などのメディアファイルは、base64などの技術を用いれば、HTMLファイルにデータとして組み入れてアップロードしてしまうことができます。

この場合、メディアファイルといえど、召喚の必要はないわけです。なぜなら、元からHTMLに集合しているからです。

しかし、複雑化してサイトを構成するデータの容量も多くなっている現代では、データを一旦分属保存し、その後、母体たるHTMLファイルが保存されているサーバーが、クライアントコンピューターの送信リクエストを受け、サーバーからクライアントコンピューターにHTMLファイルが送信され、レンダリングデータとなってクライアントコンピュータモニターに像を表示するまでのどこかのタイミングでデータ召喚(データオーダー)を行い、クライアントコンピューターにおいて、最終的には全てのデータを集合させてから、組み立てるのが一般的です。

画像や音楽などのメディアファイルは、元々HTMLファイルと分かれていたため、分かれているファイルを組み立てて表示する技術が発達しました。

これに対して、HTMLファイルから、特定の表示に関するプログラム表記が抜き出されて別に保存されるようになりました。HTMLを構成する文章も、他の複数のHTMLファイルで共通して使いたい場合もあるため、HTMLファイルから文章データを抜き出して、別の場所に保存する技術が発達しました。

現在のWebサービス、特に動的サイトにおいては必須のデータベース技術です。

このように、HTMLファイルに元から内包されるのが原始形態であった文章データは、如何に分けて別の場所に保存するかという方向で技術が発達しました。

この違いが、HTMLファイルはサーバーサイドデータオーダーを基本とし、メディアファイルはクライアントサイドデータオーダーを基本とするという、原則的なデータオーダースタイルの違いを生み出したものと考えられます。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。