CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

コンテンツを実践しコンテンツの理解を深める

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、コンテンツを実践しコンテンツの理解を深めることを志向しています。

こうして得られたコンテンツに関する理解は、著作権など知的財産権、コンテンツローなどを中核とするIC法分野※へとフィードバックされます。

わたしは、物語形式のコンテンツから来たんです!
コンテンツを実際につくって、活用してみることで理解が深まります!

※)I(i)C法分野とは、著作権など知的財産権、コンテンツおよびクリエイト関連法分野を中心とし、ウェブ・デジタル紛争(IT法分野)、キャラクターロー、広告法分野、博物館関連法務など、クリエイトと関係が深い一定の法分野です。

IC法分野に、コンテンツの実践から得られた理解をフィードバックするのが目標です。コンテンツをキーワードとするi2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、iC法務分野に力を入れています。

クリエイトをキーワードとする弁護士

i2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央は、クリエイトをキーワードとする弁護士です。

クリエイトと関係が深い、著作権、知的財産権、ITウェブデジタル法務、広告法務などの法分野をIC法分野(※)と呼んで重点取扱業務としています。


弁護士齋藤理央は、自らもクリエイト活動を行い、クリエイト、コンテンツ関連法務にフィードバックしています。

ハード、ソフト面のクリエイト環境や、クリエイトから得られる知見をiC法務にフィードバックし、その質の向上を志向しています。

クリエイト・コンテンツ活動の実際

例えば、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京IC法応援キャラクターIPモンスターズは、キャラクター設計、イラストレーション、コンテンツ発信まですべて、齋藤理央が手がけています。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、①実際の案件処理、②重点法分野の研究、そして、③クリエイト活動の実践によって複合的な視点から重点分野の法務の質を高めることを志向しています。

クリエイト活動の実践と法律の関係について、はウェブサイトで公開しています。

③クリエイト活動においては、IPモンスターズのほか、ウェブ上の物語形式のデジタルコンテンツ(◆2)の創作活動や、イラストレーション、事務所の広告関連のロゴ制作、意匠制作なども行なっています。

クリエイト活動は、ストーリーコンテンツの他、ロゴマークやイラストレーション、アイキャッチグラフィック、コミック表現など適宜の創作活動を行い、その過程で問題となる法的トピックをクリエイト&ローカテゴリーでレポートしています。

当サイトでのクリエイト活動の報告とその目的

当サイトでは、クリエイト成果物の配信は目的としておらず、クリエイト活動の実際とそのIC法務へのフィードバックを情報として発信して、有益な情報発信とする目的に加えて、弊所重点業務分野の特徴的要素を論証する目的を有しています。

◆)RSCスタジオは、齋藤理央の個人スタジオです。また、クリエイト成果物は基本的に当サイトではなく、別サイトで実施しています。

◆2

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。