BLOG

ブログ

コンテンツと法律

著作権法と意匠法などの棲み分け

著作権法による保護が及ぶ範囲について,意匠法,実用新案法が保護している範囲と重なってくる部分については,棲み分けが問題となります。 いわゆる家電などの実用品は,そのデザインなどについて,本来著作権法で保護されるべき創作性を備えているものも少なくないと思われますが,工業上や産業上の利用可能性などから,意匠法や...

コンテンツと法律

意匠の類否判断

意匠権の客体となる意匠とは、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます(意匠法2条1項)。次に、ある意匠が登録意匠となり、当該意匠を客体とする意匠権を付与された場合、当該意匠権は、当該意匠の実施ではなく、当該意匠と類似する意匠の実施についても排他的独占権...

コンテンツと法律

意匠登録出願

意匠登録の要件 工業上利用できる「意匠」については、原則的に意匠登録を受けることができます(意匠法3条1項柱書)。 ただし、出願前に日本国内に限らず、日本国外においてであっても、公然知られた意匠は、意匠登録を受けることができません(意匠法3条1項1号)。公然知られた意匠と類似する意匠も同様です(同3号)。同...

コンテンツと法律

意匠法の目的

意匠法の目的 意匠法の目的は、「意匠」の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与する点にあります(意匠法1条)。ここでいう、「意匠」とは、物品の全部あるいは一部の形状、模様、色彩、又は形状、模様、色彩のいずれか或いはすべての結合であって、人の視覚において、美観を起こさせるものを言い...

コンテンツと法律

意匠とは

意匠とは 意匠とは、意匠権が保護する保護客体であり、法律上「物品(…部分を含む…)の形状,模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」(意匠法2条1項)を言います。 意匠は物品の形状等であることが必要になります。そして、物品は独立して取引の対象となる動産でなければなりません。...

コンテンツと法律

意匠出願について

意匠出願 意匠登録を受けようとする者は、①意匠登録出願人の氏名又は名称,②①の者の住所又は居所,③意匠の創作をした者の氏名,④③の者の住所又は居所,⑤意匠に係る物品を記載した㋐願書に,㋑意匠登録を受けようとする意匠を記載した図面を添付して特許庁長官に提出しなければなりません(意匠法6条1項)。願書の様式は、...

コンテンツと法律

意匠法について

意匠 意匠法は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とします(意匠法1条)。 このように、意匠法の保護客体は、意匠です。意匠とは、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合のうち、視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます(意匠法第2条1項)。 意匠...