CONTENS

I2練馬斉藤法律事務所 IC法務&LG特設サイト/コンテンツです。

コンテンツと法律

2019年著作権法学会研究大会②

この記事は、前回に続いて、2019年著作権法学会研究大会のうち、個人的に実務上重要と感じた点や、その他考えた点を記した記事です。今回は個別報告第2部、権利制限規定の歴史的展開について、記載しています。 英国は、米国にいうフェアユースに相当する規定はないが、個別規定と一般的なフェアユース規定の中間として、目的...

ウェブデジタル法

インスタグラム上の著作権侵害に対する法的対応について

インスタグラムの特徴 インスタグラムは、主に写真を投稿するウェブサイトで、日本でも非常に高い人気を誇る、代表的なSNSのひとつです。インスタグラムは写真などの画像投稿がメインのSNSですので名誉棄損や信用棄損は比較的起こりにくいと言え、インスタグラムにおける権利侵害は、写真の無断投稿及び、写真の無断プロフィ...

IC法務実績紹介

インスタグラムに対する発信者情報開示仮処分命令

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、この度、インスタグラム上の著作権侵害に基づいて発信者情報開示仮処分を東京地方裁判所に申し立て、仮処分命令の発令を受けました。 また、同開示命令を受けて、このほど、米国フェイスブックインコーポレイティッドから、発信者情報の開示を受けましたので、ご報告いたしま...

ウェブデジタル法

インラインリンクと著作権法上の論点

昨今、はるか夢の址事件、たぬピク事件、ペンギンパレード事件など新しい裁判例も出され、立法論としても議論されているリンクと著作権の問題について、「インラインリンクと著作権」の論点に関する議論(が生じ得るポイント)として把握しているものについて、議論の一助となればと思い記事にさせていただきます。 インラインリン...

コンテンツと法律

コピーライト(著作権)トロール

コピーライト(著作権)トロールという言葉があります。 この言葉は、いわゆる俗語であり、この言葉には、明確な定義づけはされていないようです。 そこで、このコピーライトトロールの位置づけについて、若干の考察を加えてみました。 パテント(特許)トロール コピーライトトロールという言葉より先に、パテント(特許)トロ...

ウェブデジタル法

データーオーダーの法的評価–他者が「送信可能化したデータ」の再送信行為は観念できるか

データーオーダーは様々な保存ファイル・データを、母体となるファイル(原則的にHTMLファイル(拡張子はHTMLではないHTMLファイルもある。))に呼び出して組込む(データセットアップ、データコンバイニング)、あるいは吸収してしまう作用です。 データーオーダーの方法によりファイル単位でも、ファイルの中のデー...

コンテンツと法律

エンターテイメントローヤーズネットワーク「改正著作権法を知る」及び「30年著作権法改正『柔軟な権利制限規定』の使い道と検索サービスにおける軽微利用のソフトロー・ガイドライン」

エンターテイメントローヤーズネットワーク平成30年7月20日定例研究会「改正著作権法を知る」 昨日は、 #ELN で 今春成立の改正著作権法の講演でした。文化庁著作権課の改正担当者がご担当され、直接質問も出来るという好機でしたのでこの機に改正部分をしっかり頭に叩き込みたいと考えて臨みました。https://...

ウェブデジタル法

様々な種類のデータ・オーダー

データ・オーダーは、著作物をクライアントコンピューターで再現する素となるデータ(著作物包含データ)を、母体となるファイルに組み入れて、一体として表示する点で、著作権法上無視できないと考えられる技術です。 著作物包含データは、母体となるファイルの中になく、クライアントコンピューターで表示されるまでの様々な過程...