CONTENS

クリエイトする弁護士齋藤理央.comのコンテンツです。

NOTEーコンセプトイラストレーション
グラフィック

顔のイラスト仕上げ

こちらの途中だった顔のイラストですが、仕上げてみました。 出来上がりのラフイメージです。こちらは、前回簡単にラフで出来上がりのイメージとして作成したものです。フードを被っているイメージでした。 今回は、フードを外しているイラストを書き上げていきました。 途中までできていた顔正面のイラストに髪型を付けてたして...

かお
グラフィック

顔のイラスト(途中)

顔のイラストレーションを練習中です。 輪郭をとって、ひたすら濃淡をつけていきます。 あまり細かくならないように、筆は大きめのソフトブラシを使っていました。 まず、肌色で輪郭をとり、影とハイライトで、形を描写してきました。 ほお骨、おデコ、鼻など分かりやすいところから描いていきました。 その後、目や瞳など、細...

グラフィック

全身イラスト修正2(輪郭あり)

輪郭線を描いた方が、マンガやアニメ風のイラストぽさが出て、ウェブ上で映えるという推論。 アニメやコミック風の絵柄はやはり、輪郭線があった方がそれっぽくなることがわかりました。 ただ、アニメの背景などリアル志向の絵は輪郭線がない場合もあるようです。 — クリエイトする弁護士齋藤理央 (@b_saitorio)...

グラフィック

頭身キャラクターイラスト手直し

頭身キャラクターのイラストの手直しをしました。 クリエイター活動の一環として、オリジナルウェブストーリーの登場キャラクターのイラストを、修正していきました。 仕上がりが荒く、前々から手直ししたいなと感じていました。 元のイラストですが、細部の仕上がりが荒く雑になってしまっています。 時間や技術の制約もあり、...

グラフィック

アニメ風イラストレーション(テスト)

頭身のイラストを描いていこうとして、まずは大体のラフを直で色を塗ってとっていき、徐々に形を整えていきました。 しかし、どうもイメージと違うため、色々と思案しました。 その結果、イメージしている絵柄にならないのは、ペン入れ作業を省いているからという結論に達しました。 ここでペン入れと言っているのは、いわゆる輪...

グラフィック

イラスト:上を向いた女性の顔

上を向いた女性の顔のイラストを描きました。 イラストの練習の意味合いが強いです。 コミカライズされたイラストを描くためにも、人間の顔の形状を正確につかむことは重要と考えられます。 例えば、キャラクターのイラストなんかも正確に顔の形状を知ってディフォルメしたほうが、理想的と考えられます。 そこで、顔の凹凸、顔...

グラフィック

ポートレイト風デジタルイラストの手直し2

先日のエントリ、ポートレイト風デジタルイラストの手直しは、ポートレイト風デジタルイラストの修正をレポートした記事でした。 さらに、今回は修正のレポートの2回目となります。 前回はこちらの状態のデジタルイラストを、修正していきました。 瞳の書き直しや、服の立体化などを経て、上のイラストの状態まで微調整した過程...

グラフィック

ポートレイト風デジタルイラストの手直し

ポートレイト風のデジタルイラストを手直ししました。 このウェブサイトのトップに表示されるスライダー画像の一つとして利用しているデジタルイラスト(ポートレイト)ですが、細部が荒く気になっていました。 そこで、時間が許す限り手直しをしてみました。 手直し前の画像がこちらです。 首から下や、細部などが粗く、結構手...

グラフィック

`萌え`系統のイラストレーション作成

イラストを描きました。 イラストは、リアル系統ではなく、コミックやアニメーション風のディフォルメ系のイラストレーションです。 いわゆる萌え系統のイラストレーションですね。 言うまでもないことですが、日本の`萌え`デザインは、世界の最先端をいく、極めてレベルの高い分野です。 コミックやアニメーション系のディフ...