BLOG

ブログ

ご案内

当サイト及び関連サイトについて

当ウェブサイトはI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のコンテンツ法務に関するウェブサイトです。 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、重点業務分野であるコンテンツ法務に関するウェブサイトを特設サイトとして開設しています。 当サイトは、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の運...

ご案内

ツイートアイコンを巡る仮処分命令についてニュースサイトに掲載されました

コンテンツを巡る法律問題を重視するI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京が担当した事件について、平成30年10月16日に発令された米国(カリフォルニア州)法人を債務者とする仮処分命令について、2つのニュースサイトに取り上げて頂きました。 ソーシャルメディアでの反響 ニュースアカウントにおいては2万回...

ご案内

ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所

弊所はICTコンテンツ、ウェブサイト法務を取り扱っています。 弊所が,ICTコンテンツ、ウェブサイト法務分野においてセールスポイントとしているのは,ウェブサイトやITコンテンツ作成・配信の自主的な実践に他なりません。 弁護士齋藤理央は,独立以後ウェブサイトの自作に拘ってきました。ホームページビルダーで四苦八...

ご案内

広告コンテンツとコンテンツロー

弊所は、クリエイト関連法務、すなわち、クリエイト成果物の伝達の際、あるいは広告をはじめとする商業利用の際に問題となる法律問題を重点業務の基底に据えていることから、コンテンツ・フォー・クライアントの旗印のもと、ウェブサイトに代表される広告媒体を制作しています。 広告自体、コンテンツの商業利用のひとつの重要局面...

ご案内

コンテンツ関連法務とは

コンテンツ関連法務、コンテンツを基底に据えたリーガルサービスとは、具体的にはどのような法分野を指すのでしょうか。 I2練馬斉藤法律事務所はコンテンツ・ローを旗印に、コンテンツ法務をリーガルサービスの基底に据えています。 コンテンツ関連法務というとき、まずは、知的財産権法務が、想起されます。すなわち、著作物、...

ご案内

I2練馬斉藤法律事務所Lg東京の付加価値について

弊所の付加価値について 知的財産権法制は、知的財産の保護を目的にしています。そうすると必然的に、保護客体である知的財産を軸に法律がつくられ、具体的な案件処理においても、権利を成立させるか否かを含めて、知的財産それ自体に焦点が当てられていくことになります。 弊所は、知的財産権法が保護しようとする知的財産の製作...

ご案内

C・F・C I2練馬斉藤法律事務所LG東京

クリエイト フォー ザ クライアント 創作を、クライアントの利益に昇華。I2練馬斉藤法律事務所Lg東京はその努力を惜しみません。 著作権を筆頭に、知的財産権法は、創作を権利として保護する側面を強く有します。そして、創作活動は知的財産権法制が保護の対象とする創作という事象を実践をとおして深く理解する有用な手段...

ご案内

コンテンツ=クリエイト・コミニュケーション&コマース I2練馬斉藤法律事務所Lg東京

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、コンテンツ法務に特徴のある法律事務所です。 I2練馬斉藤法律事務所は、事務所のコンテンツなども制作しています。 たとえば、自らの事務所のウェブサイトを制作しています。現在ご覧になっているウェブサイトも、制作されています。 だから、I2練馬斉藤法律事務所は、創...

ご案内

知的財産権、ICT法務案件取扱について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は法律知識、実務経験の滋養に加えて、さらにコンテンツ素材の制作実践をとおして背景知識を得ることを特徴として著作権法その他の知的財産権法務、ICT法務を各種積極的に取り扱っています。 その意味で重点分野の法律知識、実務経験の滋養に熱心というほか、弊所の特徴をあえて...

ご案内

関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件

大阪高等裁判所管内の著作権案件対応 大阪高等裁判所管内の「滋賀県」,「京都府」,「大阪府」,「兵庫県」,「奈良県」,「和歌山県」(関西地方),広島高等裁判所管内の「鳥取県」,「島根県」,「岡山県」,「広島県」,「山口県」(中国地方),福岡高等裁判所管内の「福岡県」,「佐賀県」,「長崎県」,「熊本県」,「大分...