BLOG

ブログ

ご案内

クリエイターエキスポ(コンテンツEXPO)

今年は、クリエーターエキスポに個人クリエイターとして出展させていただくことになりました。費用対効果という問題もありますが、事業規模や展示会準備を考えると、無理なく参加できる範囲におさまり、労力的にも適切だと考えています。 当然、クリエイターとして創作できる作品自体では、周りはガチのプロですから、なかなか価値...

ご案内

コンテンツ(著作権、知的財産権、ウェブIT)法務に関する電話等法律相談

著作権、商標権、ウェブ特許権などの知的財産権、IT法務に関する電話等法律相談をお受けしています。 I2練馬斉藤法律事務所では、著作権、商標権、ウェブIT特許権、発信者情報開示などの知的財産権IT法務分野に関して、電話等の通信手段を利用した法律相談業務をお受けしています(内容証明の発送を含めて紛争性のある案件...

ご案内

広告コンテンツとコンテンツロー

弊所は、クリエイト関連法務、すなわち、クリエイト成果物の伝達の際、あるいは広告をはじめとする商業利用の際に問題となる法律問題を重点業務の基底に据えていることから、コンテンツ・フォー・クライアントの旗印のもと、ウェブサイトに代表される広告媒体を制作しています。 広告自体、コンテンツの商業利用のひとつの重要局面...

ご案内

コンテンツ関連法務とは

コンテンツ関連法務、コンテンツを基底に据えたリーガルサービスとは、具体的にはどのような法分野を指すのでしょうか。 I2練馬斉藤法律事務所はコンテンツ・ローを旗印に、コンテンツ法務をリーガルサービスの基底に据えています。 コンテンツ関連法務というとき、まずは、知的財産権法務が、想起されます。すなわち、著作物、...

ご案内

I2練馬斉藤法律事務所Lg東京の付加価値について

弊所の付加価値について 知的財産権法制は、知的財産の保護を目的にしています。そうすると必然的に、保護客体である知的財産を軸に法律がつくられ、具体的な案件処理においても、権利を成立させるか否かを含めて、知的財産それ自体に焦点が当てられていくことになります。 弊所は、知的財産権法が保護しようとする知的財産の製作...

ご案内

C・F・C I2練馬斉藤法律事務所LG東京

クリエイト フォー ザ クライアント 創作を、クライアントの利益に昇華。I2練馬斉藤法律事務所Lg東京はその努力を惜しみません。 著作権を筆頭に、知的財産権法は、創作を権利として保護する側面を強く有します。そして、創作活動は知的財産権法制が保護の対象とする創作という事象を実践をとおして深く理解する有用な手段...

ご案内

コンテンツ=クリエイト・コミニュケーション&コマース I2練馬斉藤法律事務所Lg東京

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、コンテンツ法務に特徴のある法律事務所です。 I2練馬斉藤法律事務所は、事務所のコンテンツなども制作しています。 たとえば、自らの事務所のウェブサイトを制作しています。現在ご覧になっているウェブサイトも、制作されています。 だから、I2練馬斉藤法律事務所は、創...

ご案内

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師

セミナー・勉強会等講師-著作権の正しい知識を得ませんか 著作権やウェブ・デジタル法務に関するセミナーや自主的な勉強会等の講師をお引き受けします。 著作権・ウェブサイト・デジタル法務に関するセミナーや勉強会の講師として、著作権やウェブ・デジタル法務に注力する弁護士を招聘してみませんか。 権利に対する誤った認識...

ご案内

コンテンツ分野顧問契約・通常顧問契約

コンテンツ(著作権・知的財産権・ウェブICT法)分野顧問 コンテンツ法務を重視するI2練馬斉藤法律事務所LG東京において、コンテンツの法律問題についてよく問題となるI2(著作権・知的財産権・ウェブデジタル及び情報通信法)分野の法律顧問を、特定法分野顧問として月額3万円から顧問契約を締結して頂けます。 一般的...

ご案内

シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務

シンボル、エンブレム、ロゴマークを巡る法律問題 シンボル、エンブレム、ロゴマークを保護するのは第一義的には商標法です。また、シンボル、エンブレム、ロゴマークが著作物に該当するケースも認められます。もっとも、シンボル、エンブレム、ロゴマークはシンプルなものも多く、著作物性が認められないケースも多いでしょう。ま...