I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京について

コンテンツトラブルの予防と解決を重視するI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京

I2練馬斉藤法律事務所LG東京は、著作権、知的財産権、ICT分野の法律が問題となることが多いコンテンツトラブルの予防と解決を重視しています。

コンテンツに関する法律の知識は当然のこととして、コンテンツ関連法の知識に留まることなく、コンテンツ制作の実際についての深い理解や、コンテンツのビジネス利用、その他コンテンツ周辺事情に至るまで広くて関連知識の習得も心掛けています。このようにコンテンツ関連法制に留まらない知識の吸収に強い意欲と関心を持った弁護士がコンテンツ利用に際して発生するトラブルの解決・予防に当たるのが弊所の特徴でありメリットです。

コンテンツにおける権利侵害、コンテンツトラブルの問題や、コンテンツ産業・コンテンツビジネス・コンテンツマーケティングなど、コンテンツと関係するビジネスを行う際に問題となるコンテンツに関する法律問題について弁護士をお探しの場合は、弊所へのご相談を是非ご検討ください。

以下、コンテンツ法務を重視する弊所が有するコンテンツトラブルを解決予防するためにも役立つと弊所が実感している複数の視点をご紹介します。なお、複数の視点はそのまま、当ウェブサイト・コンテンツのカテゴリーとなっています。

コンテンツと法律

弁護士業務で最も重視されるべきは言うまでもなく法律です。I2練馬斉藤法律事務所では、コンテンツと関わりの深い著作権法、商標や意匠などの知的財産権法、ウェブ・デジタル関連諸法制について、コンテンツ関連法として法律知識を意欲的に研鑽しています。また、法律実務面からも知的財産権法専門裁判所での訴訟経験が複数あるなど、対応実績を積んでいます。

弊所担当裁判例(なお、訴訟において判決に行くことは少なく、下記は弊所担当訴訟の一部です)

平成28年(ネ)10101号発信者情報開示請求事件(リツイート事件控訴審)

平成28年(ワ)20852号著作権侵害等差止請求事件

平成29年(ワ)35891号損害賠償請求(著作権侵害)事件

平成27年(ワ)17928号発信者情報開示請求事件(リツイート事件第一審)

コンテンツ制作

物語形式のデジタルコンテンツを制作するなど、コンテンツ制作を実践することを通して、コンテンツの制作過程、コンテンツの制作環境、コンテンツの配信環境などについて前提知識を持った弁護士が案件処理に対応します。コンテンツ制作について実践をとおして知見を有する弁護士がコンテンツトラブルの解決・予防に当たるのは弊所の大きな特徴であり、メリットと考えています。

とくに弊所弁護士齋藤理央が、コンテンツ制作を自ら行なっていること、コンテンツ制作の環境(特にデジタルで現代的なもの)や過程を体験を通して知見を有していること、その実際を当サイトなどを通じて発信ていることは、弊所の大きな特徴です。

コンテンツ制作についても一定程度の知識や体験を有している弁護士をお探しの場合は、弊所を選択していただくメリットが見込まれます。とくに創作(クリエイト)過程が問題となる案件などについては、適性が高いものと自負しています。

弁護士齋藤理央の制作コンテンツ

 

コンテンツビジネス

また、コンテンツマーケティングやコンテンツビジネスにも高い関心を持ち、常にアンテナを張り、情報を発信することで様々な知識を得るように心がけています。コンテンツのトラブルが発生するのは、コンテンツの社会利用の際です。コンテンツの社会利用の際たるコンテンツ関連ビジネスについての知識は、必須のものと考え常に知識の習得を心がけています。

コンテンツ関連情報

さらに、弊所はコンテンツ情報を含んだコンテンツ(当ウェブサイトなど)を制作運営するなど、コンテンツ産業を含んだコンテンツ全般に幅広く高い関心を有しています。また、そうした広い背景知識への通暁が、コンテンツトラブルの解決・予防に役立つと確信しています。

所在地

176-0001

東京都練馬区練馬1-2-9精美堂書店ビル503

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京※

電話03-6915-8682

※I2練馬斉藤法律事務所LG東京、I2練馬斉藤法律事務所LGT或いは単にI2練馬斉藤法律事務所等と記載する場合がある。

責任者

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央